top
oggawa.com
左写真 小河俊夫 ミッション 古川勝巳 ヘラルド創業者 古川為三郎 youtube donkey
コーヒー・ブレイク スナップ写真 言葉の宝石 gigazinei 便利帳i
河谷龍彦『イスラエル巡礼』 美容室ふらんせ 休日カレンダー 日刊スポーツ 小河俊夫デザイン作品 ted wikipedia
デイサービスさるびあ 豆子廊 井上蒲鉾店 八百彦本店 連絡・お問い合わせ 茨城県 検索デスク
next lastupdatetime
 
siesta

 謎の“国旗売り”の正体は・・・ 各地に出没の「ベッグパッカー」?
 「小さな日本国旗を売る外国人に会った。募金のつもりで買ったが詐欺かもしれない」。西日本新聞「あなたの特命取材班」に、福岡市西区の男性からこんな声が寄せられた。JR博多駅近くで同様の外国人に遭遇したという女性も。ツイッターでも、東京や沖縄などで同じ経験をしたと語る人たちが相次いでいる。どうやら日本のあちこちで、謎の”国旗売り”が活動しているようだ。
 男性の報告はこうだ。1月29日の午後2時半ごろのこと。男性が営む自動車整備工場で仕事をしていると、20代くらいで茶髪の白人男性が入ってきた。
 無言で差し出されたカードにはこう書かれていた。「私たちは聴覚障害者です。あなたたちとの文化にふれあいたいので、私たちの旗を500円で購入していただければ素晴らしい日本を知ることができる」。ちょっと怪しげな日本語に英語が併記されていた。
 募金の一種だろうと思った男性は、旗を2本受け取り、計千円を支払った。白人男性はお金をもらうと黙って出て行ったという。
 男性が家族に話したところ、「詐欺ではないか」と指摘された。インターネットで調べると、同様の事例が全国であると知った。カードの文言も同じだった。思い返せば英語の文面も不自然で、本当に聴覚に障害があるのか疑わしいそぶりもあったという。
 男性のほか、店の従業員2人も旗を買った。同じような旗は、大手通販サイトのアマゾンでは、12本で250円ほどで売られている。「障害がありながら福岡まで来てくれた外国人におもてなししたいという一心だった。詐欺であれば悔しい」と男性は語る。
 福岡西署によると、同じ日に国旗を売る外国人に関する通報が2件あったという。「白人女性が旗を持って近寄り、手渡そうとしてきた」という70代男性からの通報もあった。国旗を売る外国人には、女性もいるようだ。
 (後略)
 (西日本新聞より)

to top
 
to top
 

『ジョーカー』(Joker)

2019年・アメリカ 監督/トッド・フィリップス

出演/ホアキン・フェニックス/ロバート・デ・ニーロ/ザジー・ビーツ/フランセス・コンロイ

 DCコミックス「バットマン」に登場するスーパーヴィランであるジョーカーことアーサー・フレックが悪へ堕ちる経緯が描かれる。「グラディエーター」「ザ・マスター」などで個性派俳優として知られるホアキン・フェニックスがアーサーを演じ、「ハングオーバー!シリーズ」を成功させたトッド・フィリップスが監督を務める。映画は2019年10月4日より日米同日で劇場公開された。R15+指定。 ロケ地となったニューヨーク・ブロンクス地区にある階段が観光名所になった。劇場公開当時のキャッチコピーは「本当の悪は笑顔の中にある」。(Wikipediaより)


最近観た映画
スターのイラスト







to secret